住宅ローンを払えなくなったら!任意売却を考えよう

住宅ローンの返済が難しくなったら

問題なく返済をする事ができると考えて組んだ住宅ローンであっても、収入や生活環境の変化によって返済が難しい状態になってしまう事は珍しくありません。返済ができないまま放置をしていると、物件は競売にかけられ、安く売却された上に手元には大きな借金が残る事になります。

その前に、市場価格で物件を売却する方法が任意売却です。市場価格であれば、競売よりも遥かに高い金額で物件を売却する事ができる為、借金が残る事になっても、競売にかけられた場合に比べて、その金額は少なくて済む事になります。

任意売却をする時に重要な事

任意売却をする時に重要になってくるのが、期間です。

競売手続きに入るまでに売却をする事ができなければ、そのまま物件は競売にかけられてしまいます。ですから、少しでも早く物件を売る必要があります。

受託ローンの返済を考えると、少しでも高く売っておきたいと考えるのは当然の事です。ですが、市場価格よりも高い価格を設定すると、いつまで経っても物件が売れず、競売にかけられてしまう可能性が高くなります。その為、限られた期間で売却をする為には、市場価格よりも高く値段を設定しない事が大切です。

勿論、とても良い条件の物件であれば、高い値段をつけても売れる可能性はありますが、競売に対して少しでも不安を感じるのであれば、無理のない価格設定をしておく事がおすすめです。市場価格よりも安くても、任意売却をする事ができれば、競売になった場合に比べて、残る借金が少なくて済みます。

住宅ローンが払えなくなった時に、任意売却という選択肢があります。債権者や保証人との合意のもとで手続きを行います。