必見!良い賃貸マンションと出会う方法とは

まずは不動産会社を探すことから始めましょう

良い賃貸マンションを手に入れるためには、頼りになる不動産会社を探すことから始めるのが良いでしょう。その理由は、知り合いから直接借りるのでもない限りは、多くの場合はオーナーさんとの交渉は不動産会社を通して行なうことになるからです。優秀な不動産会社がいれば希望に近い物件を探してきてくれますし、家賃も安くなる可能性もあります。

そのため実際に担当者に会ってみて、話をしてみましょう。親身になってくれるのか、お目当の地域についての知識が十分にあるのかを調べます。それから資格があるのかも重要です。決して必須ではないのですが、不動産関係の資格を有しているということは、最低限の知識がある証拠にもなりますから、ないよりはあったほうが良いです。

内見する時のポイントとやっておくこと

いくつかのめぼしい賃貸マンションが見つかったのなら、内見に行くことになります。いくつかのあるポイントを押さえておけば、効率良く見て回れます。

まず、ドアや窓をすべて開け閉めしてみます。スムーズに動かない場合は、建物が歪んでいるかもしれません。そこまで酷くなくても、蝶番やサッシがサビていることが考えられます。そのまま放置していると、退去する際に原状回復を求められかねないため、必ずその場で指摘しましょう。

次に水回りのチェックが大切で、カビが生えているならそれも不動産会社に伝えておきます。広範囲に見られるなら清掃してもらうか、別の賃貸マンションにするのが無難です。念のため部屋の写真を撮っておくと、あらかじめあった傷なのか入居後にできたものかがわかるので、トラブルを避けられます。

江戸時代から温泉地として全国的に知名度が高い登別の賃貸物件を探すなら、温泉付き中古住宅を探してみるのがおすすめです。