初めての一人暮らし!賃貸住宅がおすすめです

賃貸住宅の種類と特徴

一人暮らしを始めるつもりなら、家賃が手頃な賃貸住宅がおすすめです。賃貸住宅にはいくつか種類があり、それぞれで特徴が異なります。マンションタイプは防犯や防災セキュリティに優れており、比較的綺麗な部屋を借りられます。高さを活かして居住スペースを確保している都合上、地上からエレベーターや階段を使って昇降します。また、隣部屋と近いので音漏れや騒音に気を遣う必要があります。戸建てタイプは地上で生活したい人や出入りが多い人におすすめです。駐車スペースからも近く、外に出てすぐ自動車で通勤といったことができます。近所付き合いはあるものの、家と家の距離が一定距離離れているので音漏れは気になりません。家賃の安い戸建ては家や設備が古いので、よく考えて選びましょう。

賃貸契約の敷金と礼金

良い賃貸住宅を見つけても、すぐに契約するのはおすすめできません。住宅を家賃の安さで選ぶのも避けましょう。なぜなら、賃貸契約には敷金と礼金が掛かることがあるからです。敷金は家賃の前払い金、住宅の修繕費といった理由で支払うことになります。家賃が払えない時や物を壊して修理が必要な時は敷金から差し引かれます。勿論、敷金が足りない時は追加で自己負担する必要があります。特に問題無く家を利用していれば、退去時に使われなかった敷金が返金されます。礼金は家主に払う契約手数料という意味合いがあります。この礼金は不動産会社への手数料として支払われることもあります。礼金は敷金と違って返金されません。家賃の安い住宅は礼金が高く、敷金礼金が0円の住宅は家賃を高く設定していることがあります。滞在期間を考えて、トータルで安く収まる住宅を選ぶと良いです。

駅から程近い場所にある桑園の賃貸、非常に狙い目です。駅周辺ほど高くはありませんが、利便性は抜群です。