知っておきたい!敷金礼金についての基礎知識

初期費用として必要になる敷金や礼金

賃貸の部屋を借りるときは、最初に「敷金」や「礼金」などの初期費用を不動産屋などへ支払う必要がありますし、結構高額な金額になります。しかし初めて賃貸を利用する人は、敷金や礼金が何を意味しているものなのかよく分からないという場合も多いでしょう。ここでは、「敷金」と「礼金」の意味や違いなどについて分かりやすく紹介します。

「敷金」とはどんなものなのか

「敷金」とは、万が一、家賃の滞納や、部屋の損傷などがあったときの修理費に充てるための保証としてあらかじめ預けておくお金のことです。部屋を借りる人の中には、家賃をしっかり払わなかったり、部屋をキレイに使わない人がいる場合もあるため、大家さん側の不安を解消するために事前にお金を預かっておくということです。そして敷金は、一時的に預かっておくという性質のお金であるため、特に問題がなければ退去時に戻ってくるという特徴があります。ただし、部屋の損傷が大きい場合は、あらかじめ支払っておいた敷金の金額以上の修理費が必要になることもあるため、その場合は追加の修理費を請求されることもあるので注意しましょう。

「礼金」やその他の初期費用について

「礼金」とは、部屋を貸してくれるお礼として大家さんへ渡すお金のことです。礼金は文字通りお礼として渡すものなので、敷金のように退去時に戻ってくることはありません。そして他にも、「仲介手数料」と呼ばれる初期費用がありますが、それは部屋を紹介したり仲介してくれた不動産屋へ支払うお金であり、こちらも戻ってくるお金ではありません。

札幌市の中心部に近い、菊水の賃貸には冬の寒さ対策完備のマンションタイプが多くあります。さらに地下鉄駅の近くを選ぶようにしましょう。